アロマセラピー、手作り石けん、EMのお話 *まず、カテゴリの「はじめに」を読んでください


by lalalapis

カテゴリ:Natural Life( 5 )

日記をお休みにしてから、実は自分のリラックス時間を作って
1日に30分は庭で過ごす時間とか、何か手作りをする時間を作る。

どうやら、私はお料理することによって気持ちが元気になったり、
何かを作ることによって元気になる。

だから、一日仕事やら勉強で黙々としているとき(今は勉強優先なので
在宅の仕事をしているので・・)、顔が凄く引きつっている。
ある一定の量を超えて勉強すると、必ず目が鋭くなって、顔の肉も減る。
それだけ集中しているのだと思うけれど、やっぱり入った力を抜くことも
しないと、体が悲鳴をあげる。
実際に、一週間休みなしで続けた結果、風邪引いてしまったもんな。。

ということで、最近していること。

庭の柿の葉を採ってきて、柿茶を作った!
 (これは、自然食を出す所で柿茶を飲んで、これは作れる?と調べてみたら、
 簡単に作れる事がわかった。9月、10月の葉はビタミンCが豊富らしい!)
庭のバジルの葉を乾燥させて、寒い時期に備える!
 (バジルは冬は枯れちゃうから、今のうちに乾燥させておけば、いつでも使えるよ)
庭のいたるところから毎年出てくる大葉の実の佃煮を作った!
 (これが、山椒のように香ばしくて美味しいの!ご飯にとっても合いますよ!)
大葉の葉の塩漬と佃煮を作った!
 (佃煮は、ご飯と合うし、塩漬はお料理に使えます!)
庭のミントとローズマリーを乾燥させて、冬に備える!
 (ローズマリーは夏で大きくなったので、剪定も兼ねて。ミントは夏が終わると枯れるので、
 今のうちに沢山乾燥させました。何しろ、香りがとってもいい!)

以上が、最近の庭でしたこと。
あとは、母の実家でよくシラスを買ってもらうのですが、
それと京都で買ってきた山椒で香り付けをした佃煮を母が作りました。
それが、香りが凄く豊かで、凄く美味しいの。

私が最近凝っているのは、ペースト作り。
パンに塗る、オリーブペースト、ヒヨコマメのペースト。
ロンドンでは、瓶詰めのモノを買ったり、イタリアに行った時に買いだめしたけれど、
日本で入手するには高いし、あまり美味しくないものもあった。。。
だったら、素材から自分で選んで新鮮なものを作った方が美味しいのですよね。
しかも、それに赤ピーマンを入れたり、アンチョビを入れたり、色々なアレンジを
効かすことが出来るから飽きません。
このペースト、イギリスで仕事していた時に、フランス人のスーパバイザーが
いつも買ってきてくれて、パンと一緒に食べていた。あの時、初のイギリスで本当に
美味しい!って思ったパンの食べ方だったような気がする。

あとは、インドカレー作りに嵌っています。
色々とスパイスを買ってきて、毎週作っています。
これが人気で、いつも変わったものを作ると残るのに、1日で大量のカレーが
無くなる。辛いよ!と言いながらも食べ続ける家族、、やっぱりスパイスが効いている
から美味しいらしい。
確かに、あれだけの香辛料やにんにく、生姜などを入れると、体に良さそうだよなぁ。
風邪をひいたらカレーですよ、うん。

それから、ドライバジルを使ってソースを作ります。
オイル、ガーリック、塩、ナッツ(松の実とかクルミとか)をドライバジルと一緒に
ミキサーの中に入れて、細かくなったら終わりという簡単さ。
油にひたひたになっているから、保存もそれなりに利く。
でも、長期保存なんてする前に、パスタ、お肉焼くとき、玉子焼き、ポテト、、、と
いろんな料理に使ってしまうので、あっという間になくなる。

こうやって、メリハリをつけた生活しないとね。
日本に帰ってきて以来、母に食事を任せてばかりだったけれど、
8年間も一人暮らししていたら、やっぱり料理をするって事が自分の生活の
一部になっているようで、何だか気持ちが落ち着かないときがあった。
自分で作って、イギリスで慣れてしまった味を再現したら、何だかホッとした。
[PR]
by lalalapis | 2006-09-30 02:00 | Natural Life
うちの喘息持ちの弟が居たので、全ての部屋がフローリングか畳になっている。
なので、フローリングの部屋がとにかく多くて、拭き掃除はするけれど、
滅多にワックスで磨いていない。(1年に2度くらい)

何しろ、市販のワックスって臭いと思うし、商品によってはベタベタする・・・。

そういえばアメリカのサイトでビーズワックスが配合されたフローリングワックスが
あるんだっけ?と思い出し、そういう商品を見てみると、オイルとビーズワックスが
主に配合されている。

自分なりに気ままに分量さえ量らずに作ってみた。
(写真はもう既に使い始めてしまったので綺麗な状態ではないです・・・。
この小さな容器はステンレス製で、横浜の中華街にあった雑貨屋さんで
5個組みで100cc入るものなど5個組みになって1500円くらいかな?で
購入してからはリップクリーム作りなど色々と活用しています。)

c0005615_13451531.jpg


ビーズワックス 全体の10分の3
植物油 全体の10分の3
水に米ぬかを入れて出した米ぬか汁 全体の10分の3
EM米ぬか発酵液 全体の10分の1

大体、目分量ですがこのような分量で作ってみました。
でも、水がもっと多かったかも・・・なので、ほんの少し水が分離した出来上がりですが、
気にせずに水分も一緒に使っていました。

食物油はグレープシードオイルは×です。
酸化の凄く早い油なので、床につけて酸化臭とか出てくると困ります。
でも、普通のオイルで安定しているオイルならば、EMを入れるので酸化は普通のオイルより
遅いと思います。
私は、石けん用のオイルでも酸化が早いものは必ずEMを少量入れておきます。

米ぬか汁は、米ぬかが床をつやつやにすると「おばあちゃんの知恵袋」情報でよく聞くので、
配合してみた。

これで、100mlくらいのワックスが100円から200円で出来てしまいます。

使用感は、床に塗っていって直ぐにサラサラのつるつるになります。
その後、乾拭きをして出来上がり。

でも、手作りなので床に塗る前に目立たないところで試し塗りしたりしてから使ってください。
手作りレシピは、その後問題が生じてもレシピに関する責任はもてませんので
ご理解の上試してくださいね。

今回は、特に香りをつけなかったのだけれど、私は蜜蝋の香りが好きなので、
いいにおいだな~~と思いながら使っていた。

肌もそうだけど、フローリングの木も自然なもの、だからなのか、肌につけたときみたいに、
生き生きとした感じに艶々になりました。

ああ~木が喜んでいるんだなぁ~と思うくらい。

そして、EMを入れたからか少しするとワックスを塗ったのを忘れるほどスベスベなんです。

ワックスは薄く塗って、また時間があるときに薄く塗ってを何度も時々していったほうが、
一度にベタッと塗るより効果的だし、気持ちが良いですよ。

!注意!
その後、数日間このワックスを室温でおいておいたら、カビてました・・・。どうやら、水分が多かったが原因っぽいです。床はサラサラで家具のすべりも凄く良いです。次回改良するときは、水分少なめで、米ぬかエキスはワックスを塗る時にスポンジに含ませておく程度が良いかな。
まだまだ改良が必要なワックスです。
[PR]
by lalalapis | 2006-08-01 13:40 | Natural Life

バラのジャム

今年は5月の気温が平年に比べて高かったように感じる。
雨も多かった。

そういうことが影響した為、バラの元気がなかった。
病気になってしまったり、花びらがすぐに茶色くなってしまったり・・・。
でも、両親の丹念な世話によって花の数は今年も増えていたかな。

バラが咲くととても綺麗。
だけど、それだけじゃなくて色々な効果がバラの花にはあることは、
バラのティンクチャーなどで書いたけれど、バラの花びらはジャムにして
香りを楽しみながら食べることも出来る。

うちのダマスク種のバラの花びらをジャムにしました。
最近、時間があまり無くて空いた時間にハーブを採ってきては漬け込んだりして
いるので、写真は撮っていないのだけれど、とっても簡単に出来ます。

バラの花びらもイチゴもジャムの作り方は同じなので、
特に細かい作り方は書きません。

ポイントとしては、バラの花びらはアブラムシなどがつきやすいので、
何度も水洗いしてから、レモン汁(レモン半分の量)をかけて揉む。
それから沸騰した少量のお湯の中に入れてお砂糖と一緒に煮ていく。
途中でレモンの残り半分の汁を入れる。
水分が蒸発して、ジャムのとろみが出たら熱湯消毒した瓶の中に入れる。

味はとってもバラの香りが濃くて、ほんの少しだけでも凄く美味しい。
レモン水とか飲むときや、サイダーの中に入れても美味しいし、
紅茶を飲むときに少しだけ入れても美味しい。
クラッカーやパンにつけても中々いいけれど、私は飲み物に入れるほうが美味しいと
思います。

もうバラも終わりかけているものが多いけれど、これからも少しずつ咲くので、
バラを育てている方は試してみてください。
[PR]
by lalalapis | 2006-06-02 06:07 | Natural Life

バラの収穫

去年もバラの収穫をしましたが、今年もバラの季節になったので収穫しています。

今年は、バラのティンクチャー(チンキ)、ローズウォーターを作っています。

バラは種類によって色々な香りがあるのはご存知だと思いますが、
花びらの数や薄さも種類によってぜんぜん違います。

バラの花びらが薄くて沢山重なっているものが特に香りが良いように感じます。
特に薄いピンク色で花びらが薄く沢山ついているダマスク種のバラはとっても香りが
良く、精油や香水に利用されています。

小さな花からも強い香りがあり、とても幸せな気分にさせてくれます。

さて、バラのティンクチャーですが、これはバラの花びらの成分をアルコールで抽出
するのです。ちょっとリサーチ不足なのですが、フラワーエッセンスもこの方法で
作られているとか。。(ちょっとうろ覚えです・・)
自家製のティンクチャーは濃度も売られているものより濃く、少量でも効果が大きい
と聞きます。

去年は、ホワイトリカーで作ったのですが、大体1リットル分くらいのバラのティンクチャーが
出来ました。これは、精製水で薄めて化粧水にしたり、フラワーエッセンスとして
口の中に数滴含む(主に舌の下に垂らすと成分が吸収されやすいようです)などで
利用できます。
乾燥されたバラの花びらでも作ることが出来るので、少量をアルコール(ブランデーや
ウォッカなど)で2週間ほど抽出させても出来ます。手軽に出来るので、お勧めです。

アルコールで抽出すると、水溶性と油性の成分両方を抽出出来るので、ハーブティーよりも
ずっと効果が高いです。
去年のバラのティンクチャーがとても良かったので、今年はローズマリーやイチョウ葉にも
挑戦しています。

イチョウ葉は、実はアレルギー源になるギンコール酸と言うものが入っていて、それが
抽出すると出てきてしまうので人によってはアレルギー症状が出ることも・・・。
私は、そんな事知らずに漬け込んでしまったのですが、ちょっと怖いですね。
少量(数滴)ならば問題はないかな?と思うので、早めに抽出を終えて試してみようと
思います。
アロエもアレルギーが出る人もいるから、いくら自然なものでも、まずはリサーチして、
それからパッチテストや少量から始めてみて様子を見ていくしかないと思う。

私は、柑橘系のアロマオイルやお風呂で肌が腫れてしまうので、かなり薄めたり
又は芳香として使うしか出来ないけれど、これも肌に個人差がある。
ということで、私が紹介するレシピなどでも、全ての方に合うとは限らないので、
新しいレシピを試す方は、使用する前にパッチテストなどを慎重に行ってくださいね。
[PR]
by lalalapis | 2006-05-21 23:06 | Natural Life

Simple but Fun!

泡ポンプ
(写真は今度時間のあるときに・・・)
これ、買ってみたら専用の液体石けんを入れてくださいと書いてあるけれど、また邪道に
私の手作り石けんを3倍の熱湯に漬けてジェル状にしたものを更にお湯で4倍くらいに
薄めて、完全に液体にしてからそれにローズマリーとユーカリの精油を加えてハンドソープ
として洗面所においています。
肌がぜんぜん突っ張らないし、反対にスベスベです。しかも、ユーカリとローズマリーは
殺菌作用があるのでハンドソープにはもってこい。甘くなくスーッとした香りが朝にも
疲れて帰宅したときにも心地よく思います。
私の手作り石けんが泡で出てきたときは凄く嬉しかったわっ!手作り石けんを作ると
大量に精油を入れないといけないし、敏感肌の人には精油の効能が反対に刺激になる
量になってしまうけれど、こうやって出来上がった石けんをジェル化させて少量の精油を
入れる分には何の問題もないし、香りもなくならないので良いと思います。
小さいボトルも入手して、持ち歩きハンドソープ作ろうかな?会社とか外出しているときに
使うハンドソープって手が痛くなるから嫌だったけれど、これなら使えるっ!
しかも、泡になって出てくるから消費する量も凄く少なくてよいので、環境にも優しいし、
経済的でもあります。
市販されている液体石けんに精油を混ぜるだけでもOKなので、是非お試しを!

エコ歯ブラシ
環境保護に感心のある方は知っているかたも多いと思いますが、この歯ブラシはヘッドの
毛の部分だけを取り替えることが出来ます。しかも、これは磨きやすかったので、
中々の優れものです。
普通の歯ブラシって、1ヶ月とかで取り替えるので、グリップ(柄?)の部分も捨てるのって
世界の人口が毎月していたら凄い大量のプラスティックごみになります。かといって、
まだ歯ブラシのプラスティックの再利用は始まっていないようですし、、でも、取り替えないと
衛生的にもなぁ・・って思っていたときに、こんなものを発見したのです。
しかも、柄の部分も普通の歯ブラシを買うのと同じくらいの値段なので、その後毛の部分
だけ替えるのだったら経済的でもあります。
しかも、このグリップすごく使いやすいのです。こういうのって磨きにくいかな?って思ったら
ちゃんと奥歯も磨くことが出来たので今後もずっと使いたいです。(私は顎が小さいらしく、
出っ歯になるくらい歯が窮屈な状態なので歯ブラシも磨きやすくないと困るのです・・・)
ちなみに、これは環境保護先進国のドイツの会社の製品らしいです。アメリカやイギリスでも
こういったものは売られていますが、柄の途中から交換可能なものが多いみたいです。
それと、日本の歯ブラシサイズに慣れていると、アメリカやイギリスの歯ブラシはデカすぎて
奥歯を磨くなんてもう出来ません。
海外引越しの時は、必ず歯ブラシを大量に持っていっていたので凄く邪魔だったのですが、
毛の部分だけ交換出来るならば、場所もとらないし私にとっては凄く嬉しいものです!
(又は赤ちゃん用の現地歯ブラシを使っていたけれど、これは柄が小さすぎて持ちにくい
という難点が・・・!)
これ、店頭販売してほしいなぁ・・と思うけれど、中々有名な大手企業の宣伝効果に
負けてしまうのあかなぁ・・と思います。
[PR]
by lalalapis | 2006-04-15 17:01 | Natural Life