アロマセラピー、手作り石けん、EMのお話 *まず、カテゴリの「はじめに」を読んでください


by lalalapis

EM米のとぎ汁発酵液 顔パック

葉山の海に行った夜、市販の敏感肌用ではあるけれどUV50をつけていたにも
関わらず、顔がカサカサになって焼けた感じがあった。

元々、UVクリームも市販のものを使うと肌にキツイ感じがする。
日焼けもどうしてもしてしまうけれど、やっぱり海は行きたい。

でも、アフターサンのケアはしっかりとしたい。

以前は市販のアフターサンのケア商品を買っていたけれど、どうしてもヌルヌルしたり、
香料がキツかったり、、中々合わない。

そんな訳で、いつも部屋に500mlのペットボトルに小分けしているEM発酵液を
コットンパックしてみた。

5分くらいパックして、一度取って肌を触ってみると、ガサガサだった肌が
つるつるしていて、スベスベになった。
気を良くした私は、そのままパックをして30分くらい、乾いたらEM発酵液を補充してと、
やっていたあとに、そのEMのついたコットンを肌の上に滑らせるようにクルクルと
していると、毛穴の汚れとかが浮いてくるのか段々とキレイになっていく。
しかも、刺激がまったくない。

これって凄いかも~~!とビックリして、それから時間があるとEMコットンパックをしている。

EM発酵液を薄めずに使ったけれど、大体作ってから2週間以上置いておくと
ベタベタしないし、米ヌカの成分の効果もあってしっとりする。

気分が悪いときは臭いが苦手だけれど、それでもEM発酵液のにおいは基本的に嫌いでは
ないので、このパックはこれからも時間がある時にしてみよう。

EM発酵液さえあれば、家事やスキンケアなど色々と活用できるから沢山作っても余らない。
最近は、母がお婆ちゃんや叔母さんにあげたりしているので、うちの分が足りなくなる程。
そんなときは、米ぬかを使って多めに作っておきます。

ただ、多めに作ってガス抜きをする時間があまり無いときは、この暑い時期はガス抜きを
するのが凄く怖い!
この間は手が痛くなるほどにパンッ!と蓋が飛んできて、それ以来ちょっとガス抜きが
怖くなってしまうほど・・・笑
でも、寒い時期は発酵が中々進まないので、お湯のように暖まって発酵しているEM発酵液
を見ると、嬉しくなってしまいます。冬になったら、またご飯釜の横あたりに置いておく事に
なるのだろうなぁ・・・。

EMを発酵させる為にヒーターとかを使ったりしている方も居らっしゃるらしいけれど、
やっぱりそれではエコではなくなってしまうという、自分の譲れない気持ちがあるので、
お風呂のお湯や昼間保温しているご飯釜の横などに置いて置きます。
[PR]
by lalalapis | 2006-08-22 23:15 | EM