アロマセラピー、手作り石けん、EMのお話 *まず、カテゴリの「はじめに」を読んでください


by lalalapis

手作り重曹石けん

以前、紹介した手作り重曹石けん。

これを、色々な方法で使っている。

そのままの固形で、キッチンに置いて普段はEM米ぬか発酵液とアクリルたわしのみで
食器洗いをしているけれど、オナベなどでラム肉の脂など、しつこい汚れのもには
アクリルたわしに重曹石けんを一回擦って(これって凄く少ない量です)それで洗うと、
すっきりサッパリです。
合成洗剤は、かなりの量を使ってアワアワにしないと取れないのに、この重曹石けんは
泡立たなくても油を溶かします。(天然の界面活性剤ですね)

そして、固形の重曹石けんを耐熱容器(お鍋やジャムの瓶などで良い)に入れて、
お茶を入れるときなんかに余ったお湯を入れておく、そうすると濁った液体になって、
時間が経つと透明の石けん液になる。
それを洗濯に使います。汚れ落ちもちゃんとあるし、EM米ぬか発酵液と一緒に使うと、
アワアワになっていなくても、ちゃんと汚れも臭いも取ります。

液体にしておけば、雑巾がけの時にちょっと石けんを使いたいって時にも便利です。
手も荒れないし、良いです。
ラードを配合したので、硬さもちゃんとあるし、ココナッツオイルも50パーセントに抑えて
いるので、手がつっぱらない。
ココナッツオイルも、精製されているものだったら刺激はそんなにないとどこかに
書いてあったけれど、やっぱり泡立ちが良くて汚れも凄く落とすので、手の油も一緒に
とってしまうようで、私の肌にはちょっとキツイ感じです。

廃油石けんも優秀らしいので、廃油は出ないけれどどこかから入手したら、
EMと重曹で作ってみたいな。
[PR]
by lalalapis | 2006-08-11 08:23 | Handmade Soap