アロマセラピー、手作り石けん、EMのお話 *まず、カテゴリの「はじめに」を読んでください


by lalalapis

EM米ぬか発酵液 布ナプキン

布ナプキンの話は何度か日記に書いてきたけれど、完全に私の生活に馴染みました。

でも、生理のとき腸が過敏になり、酷いと炎症を起こすので、生理中は布ナプキンを
洗うのも億劫になってしまうことが多いです。
特に、仕事をしていて残業続き(まぁ、前職では残業って20時半までが最長でしたが・・・)
の時は、布ナプキンを水につけるだけで精一杯のときもありました。

冬だと乾くのも遅いし、ちゃんと毎日洗わないと仕事に持っていく分がなかったりするし、、
ということで、朝にさっと洗ったりしていたのですが、セスキ炭酸ソーダを水に溶かして
浸けておいても、石けんで部分洗いをしないと取れないことが多くて、朝の10分とかじゃ
なかなか洗いあがらないとかあって、イライラ・・・。

それでも、アトピーのある私は、仕事しながらデリケートゾーンが痛くなって痒くなるのを
避けるために布ナプキンを何とか使っていました。

そんな中で、つい今回の生理で発見したのが、EM発酵液をセスキ炭酸ソーダと一緒に
キャップ1杯くらい入れて布ナプキンを浸けておいたのです。

そうしたら、頑固な汚れも1日浸けておいたらきれいに取れました。
うっすら残っていた以前の汚れも取れてしまい、石けんをつけたら完全に取れました。
普通、血液って乾いてしまうと取れにくいのに、そんな汚れも浸けておくと水だけで
取れてしまったのでビックリ。

それから、私は洗濯機で一度洗うのですが、そのときもEM発酵液を入れます。
それで、干すときに布ナプキンが今までよりもずーっとフカフカになっていました。
まるで、クエン酸リンスをしたよう、いやそれよりもフカフカでした。

これで、今後の生理で苦しいときも楽々な生活が出来るわ~~。
うふふふふ。

それにしても、最初は本当に洗うのが気持ち悪かったのに、布ナプキンを使ってみて
汚物と思わなくなった。
それよりも、汚れたものをごみの日まで袋に入れておくほうが気持ちが悪くなってしまった。
夏は悪臭がするしなぁ・・・。
洗えば、臭いの元になる血液は流してしまうので(時々草花にあげてたりします、、、
でも、ちょっぴし違和感はまだあるけど・・・汗)、臭いはありません。

会社でも、汚物入れを触らなくて良いと思うと、布ナプキンを気持ちよく替える事が出来る
自分がいます。
多分、汚物入れに対してもかなり拒否反応があったから、生理は凄く憂鬱だったんだろうな。
あの、粘着テープのビリッって音が凄く嫌いだった。

子宮内膜症になって、布ナプキンや自然なものにたくさん出会えて、ある意味良かったのかも
と思うようになれた。
[PR]
by lalalapis | 2006-06-20 03:19 | 布ナプキン